サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【OP】コミックセット 20%OFFクーポン(~4/23)

目次

電子書籍

はじめての言語学(講談社現代新書)

はじめての言語学

  • 黒田竜之助 (著)
    はじめに ──言語学は科目である

    第1章 言語学をはじめる前に──ことばについて思い込んでいること
     1──言語学のイメージ
     2──言語学のストレス
     3──言語学のポイント

    第2章 言語学の考え方──言語学にとって言語とは何か?
     1──目的はメッセージを伝えること
     2──「キゴウのタイケイ」とは?
     3──文を語に分け、語を音に分ける
     4──虹が七色とは限らない
     5──人間にだけ言語がある

    第3章 言語学の聴き方──音について
     1──大切なのは人間のことばの声
     2──世界中の言語音を書き表わす方法
     3──日本語に巻舌はいらない
     4──声の上げ下げで意味が変わる
     5──音声と音韻の違いを押さえる

    第4章 言語学の捉え方──文法と意味について
     1──文法と文法書は違う
     2──世界共通の文法はない
     3──いちばん小さな意味のまとまり
     4──「寒いねえ」は単なる気象情報ではない
     5──言語のしくみにどうアプローチするか

    第5章 言語学の分け方──世界の言語をどう分類するか?
     1──言語は数えることができない
    ほか