サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:続刊予約キャンペーン(0810-31)

目次

電子書籍

政府はこうして国民を騙す(現代ビジネス)

政府はこうして国民を騙す

  • 長谷川幸洋 (著)
    はじめに
    第1章 情報操作は日常的に行われている
     1 資源エネルギー庁長官が「オフレコ」で漏らした本音
     2 「オフレコ破り」と抗議してきた経産省の卑劣な「脅しの手口」
     3 今度は東京新聞記者を「出入り禁止」に! 呆れ果てる経産省の「醜態」
     4 取材から逃げ回る経産省広報と本当のことを書かない記者
     5 事実を隠蔽する経産官僚の体質は「原発問題」と同根である
     6 辞任した鉢呂経産大臣の「放射能失言」を検証する
     7 「指揮権発動」の背景には何があったのか──小川敏夫前法相を直撃
     8 「陸山会事件でっち上げ捜査報告書」を書いたのは本当は誰なのか
     9 「捜査報告書問題」のデタラメ処分にみる法務・検察の深い闇
    第2章 政府は平気で嘘をつく
     10 経産省幹部が封印した幻の「東京電力解体案」
     11 東電の資産査定を経産官僚に仕切らせていいのか
     12 賠償負担を国民につけ回す「東電リストラ策」の大いなるまやかし
     13 お手盛りの「東電救済」──政府はここまでやる
     14 国民には増税を押しつけ、東電は税金で支援。これを許していいのか
    ほか