サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

夏のメディア化タイトル 全品ポイント5倍! (~7/22)

目次

    第1章 いじめを善悪で捉えるな
    四半世紀を経ても変わらない状況
    「わが子さえよければ……」という意識が蔓延している
    相手に理解されるように伝えなければならない
    いじめられる子といじめる子の違い
    いじめと自殺を結びつける必然性はない
    親が子に責任を持つということ
    子どもに対して敏感か?
    子どもはどんなときに死への一線を越えるのか?
    「いじめ=犯罪」とすることの危険
    うわべだけの民主国家、うわべだけの近代的市民
    「いじめすらできない」息苦しい学校をつくりたいのか?

    第2章 学校をどうするか
    教育は「社会化」に向けて行なわれてきたか?
    学校というものの捉え方が変化している
    価値基準を根底から見直せ
    いじめや自殺をどうするかではなく、教育や社会の本質的な変革が必要だ

    第3章 親は、教師は、どう対処すべきか
    まず、親は介入を控えよ
    子どもにどうしたいのかを問え
    社会の洗礼としての「いじめ」「いじめられ」
    学校に行かないという選択肢もある
    いじめる子を犯罪者に仕立てて終わりにしてはいけない
    学校依存体質から脱却すべき時が来た
    苦悩し、試行錯誤を続けるしかないのだ