サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

目次

電子書籍

万葉秀歌 上(岩波新書)

万葉秀歌 上

  • 斎藤茂吉 (著)
    目  次
       序
       従属選出歌
       参照注釈書略表

     巻第一

     たまきはる宇智の大野に(中皇命・四)

     山越の風を時じみ(軍 王・六)

     秋の野のみ草苅り葺き(額田王・七)

     熟田津に船乗りせむと(額田王・八)

     紀の国の山越えて行け(額田王・九)

     吾背子は仮廬作らす(中皇命・一一)

     吾が欲りし野島は見せつ(中皇命・一二)

     香具山と耳梨山と(天智天皇・一四)

     渡津海の豊旗雲に(天智天皇・一五)

     三輪山をしかも隠すか(額田王・一八)

     あかねさす紫野行き(額田王・二〇)

     紫草のにほへる妹を(天武天皇・二一)

     河上の五百箇磐群に(吹黄刀自・二二)

     うつせみの命を惜しみ(麻続王・二四)

     春過ぎて夏来るらし(持統天皇・二八)

     ささなみの志賀の辛崎(柿本人麿・三〇)

     ささなみの志賀の大曲(柿本人麿・三一)

     いにしへの人にわれあれや(高市古人・三二)

     山川もよりて奉ふる(柿本人麿・三九)

     英虞の浦に船乗りすらむ(柿本人麿・四〇)

     潮騒に伊良虞の島辺(柿本人麿・四二)

    ほか