サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

目次

    目  次
       はじめに――科学者が人間であること

     I 「生きものである」ことを忘れた人間
      1 「生きものである」とはどういうことか
      2 「ヒト」の特徴を考える
      3 近代文明とは何だったか――「生命」の視点から

     II 「専門家」を問う――社会とどう関わるか
      1 大森荘蔵が描く「近代」
      2 専門家のありようを見直す
      3 社会に対する「表現」
      4 生活者として、思想家としての科学者

     III 「機械論」から「生命論」へ――「重ね描き」の提案
      1 近代科学がはらむ問題
      2 「密画化」による「死物化」
      3 「重ね描き」という方法
      4 自然は生きている
      5 「知る」ことと「わかる」こと

     IV 「重ね描き」の実践にむけて――日本人の自然観から
      1 日本人の自然観
      2 「重ね描き」の先達、宮沢賢治
      3 「南方曼陀羅」と複雑系の科学
      4 重ね描きの普遍性

     V 新しい知への道――人間である科学者がつくる
      1 生命科学の誕生
      2 アメリカ型ライフサイエンスの問題点
      3 何を変えていくか
    ほか