サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

12時 修正:20%OFFクーポン(0521-24)

目次

電子書籍

皮膚は考える(岩波科学ライブラリー)

皮膚は考える

  • 傳田光洋 (著)
    目  次

     序論――感じ考え、判断し行動する皮膚

     1 皮膚は最も大きな臓器「外臓」である
      皮膚の階層構造
      皮膚のバリアはプラスチック並み
      常におのれを知っている皮膚

     2 電気仕掛けの皮膚機能
      皮膚は電池になっている
      老人のカサカサ肌の原因は「電池切れ」
      外から皮膚に電気をかけるとどうなるか
      電気の作用で皮膚の再生を促進する素材

     3 情報伝達物質を生み出す皮膚
      皮膚は免疫をつかさどる臓器である
      皮膚が内分泌系に及ぼす影響

     4 皮膚はセンサーである
      外部刺激のセンサーとしての皮膚
      神経より先に表皮が感じる
      もう一つの痛みセンサー
      光を感じる皮膚

     5 皮膚は脳である
      脳の機能を担う部品「受容体」
      皮膚は脳と同じ受容体を持つ
      精神をつかさどる皮膚

     6 身体の健康、こころの健康も皮膚から
      外部環境と皮膚
      心的ストレスと皮膚
      鍼灸の科学と皮膚科学
      皮膚科学の可能性

     むすび――皮膚科学が拓く未来の医療