サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

目次

     はじめに

    第1章 岐路に立つ米新聞業界
     米コロンビア大学のジャーナリズム・スクールを訪ねる/オンライン報道をピュリツァー賞審査の対象に/主戦場はハイブリッド報道/ニューヨーク・タイムズ紙の人員整理/ピュリツァー賞受賞記者が解雇に怯える/自らの危機を報じたボストン・グローブ紙/経費も報道も三分の一の原則/広告費激減の背景/クレイグスリスト

    第2章 ニュースはタダか
     新聞不況の震源地/五人に一人が職を失う時代/記事閲覧をタダにしたのは失敗/経済紙が先行したウェブ有料化/NYT紙の決断/世論調査「課金の妥当額は三ドル」/課金、代行いたします/「付加価値」がカギ/フリーミアムという発想/紙とデジタル、両立の戦略/有料化の結果と波及効果/ワシントン・ポスト紙の「結婚」/新たなニュース消費の行方

    第3章 ハイパー・ローカル戦略は生き残りのキーワードか
    ほか