サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

目次

    はじめに─純文学作家はなぜ怒ったのか

    発端─マスコミ言語の理不尽
     なぜ新聞は文学作品に半年ごとの勝敗をつけるのか

    仕掛け・斬り込み─戦う純文学、マスコミイエローへの抵抗
     三重県人が怒る時
     ほらまた始まった馬鹿が純文学は駄目だってさ
     文士の森からいちいち言う。
     魂の向くまま幻想を紡ぐ
     これは小説ですか─。はい、純文学実験小説です。

    不発・冷笑─黙っている方が大物に見えるか
     サルにも判るか芥川賞
     大きな本屋の片隅で

    不戦勝・終結─極私的言語の戦闘的保持
     文士の森を守るために
     謹告・論争終結
     アヴァン・ポップ

    予兆・背景─純文学叩きは十年前からあった
     珍しくもないっ─一九九五─一九九六「純文学」作家の「不本意な」日常
     黄色い戦争
     忘れていた
     記憶に残るコミック─それこそ、「二項対立を越えて」
     街角のオウム
     野方、夢の迷路
     日帰りの伊勢
     「ひとり言お断り」
     眼球の奴隷
     これを書いた
     風邪とゲラの間で
     言葉を得た犯罪性
     「素足」で踏み込む
     極楽からパラダイスへ
     神話の後で妖怪を

    新聞の仕事─「誰も読んでない」、はずはないのだ。
    ほか