サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

目次

    はじめに
    情報にはさまざまな定義がある
    情報は世界に表されている
    「情報=形・構造」
    感じられる情報、感じられない情報
    さまざまな情報
    手で触れるスケールの情報を重視する
    ボールをなで回してみる
    「触運動覚=皮膚感覚+深部感覚+運動」
    触運動覚は随意的に情報をつくり出せる
    触運動覚は、入出力装置
    触運動覚には、強いリアリティがある
    試行錯誤
    情報の位置
    手の届く範囲
    ホワイトボードをつくり出す
    レパートリー
    文字
    世界
    生活世界の「空間」
    生活世界の「物質(物体)」
    生活世界の「時間」
    触運動覚以外の感覚
    視覚と触運動覚を比較してみる
    視覚情報は触運動覚で読み取られる
    視覚のリアリティアップ
    触運動覚の疑似視覚化
    見えないものを見る
    視覚情報を随意的に動かす
    視覚と、疑似視覚は別物
    心は最初に身体を感じ次に世界を感じる
    身体イメージ精密化→触運動覚能力向上
    身体は主体であり客体であることを利用
    情報処理随伴性は、情報処理を連合する
    情報処理随伴性を理解し利用しよう
    いろいろな情報処理随伴性
    記憶の本質は、情報処理随伴性
    記憶についてさらに考えてみる
    あとがき

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む