サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

    はじめに
    序 章 がんとの共存を目指して
    「がんとの共存」という発想
    スローな抗がん剤治療
    患者に優しい「個別化治療」
    がんの個性、ヒトの個性
    第一章 延命はどうしたら可能になるか
    人体の形成とがんの発生
    遺伝子とDNA
    指数関数とダブリングタイム

    第二章 二一世紀の抗がん剤・分子標的剤
    がん細胞の増殖を止める「鍵」
    分子標的剤の効果と問題点
    ハーセプチンと増殖抑制期間
    理想の分子標的剤グリーベック
    イレッサは肺がんの特効薬か?

    第三章 抗がん剤治療革命の必要性
    こうして抗がん剤は誕生した
    抗がん剤は濃度依存性
    延命のカギは「継続」にあり
    投与量は体格だけで決めている
    抗がん剤の評価システム
    脱・縮小至上主義

    第四章 個人差・継続重視の抗がん剤治療
    なぜ毒性を治療の指標にするのか
    休眠療法が「患者に優しい」理由
    投与は多ければ多いほど良いのか
    個別化最大継続可能量
    ジェムザールによる膵がん治療
    緩和医療と抗がん剤治療

    第五章 がんの種類別にみる休眠療法
    [胃がん]
    効く抗がん剤のすべてを使おう
    八〇歳の天寿がん
    胃がんの分子標的剤
    [大腸がん]
    ほか