サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

目次

電子書籍

国会崩壊(講談社+α新書)

国会崩壊

  • 平野貞夫 (著)
    まえがき──自民党幹事長からの電話
    序章 安倍総理の犯した大罪
     自民党の暴挙
     議会政治の劣化
     間違いだらけの政権

    第一章 政界の大地殻変動
     政党政治への民衆の反乱
     勝者の覚悟を知るものは少ない
     なぜ民主党が圧勝したのか
     大きな変化の予兆
     政党も候補者も主役ではなかった
     極端な勢力分布がもたらす問題

    第二章 「国会崩壊」の主犯
     総選挙を国民投票にできるか
     小泉政治の異常性
     原理の破壊と憲法の冒涜
     「郵政解散」の問題点
     小泉総理の明らかな憲法違反
     三権分立の憲法原理を冒涜
     ヒトラーを連想させる小泉劇場

    第三章 憲法冒涜の政治運営
     「憲政の常道」とは何か
     大平・福田四〇日抗争
     議院内閣制の根本原理
     利権のための永久政権
     批判のない不条理な事件
     元衆議院議長の憂慮
     自民党内での疑似政権交代
     もっとも忌まわしい政権
     自民党の判断ミス
     政治は権力闘争である
     基本政策をパクッた自社さ
     自社さ連立と北朝鮮の関係

    第四章 戦後議会政治の罠
     大正デモクラシーの成果
     天皇の戦争責任問題
     政党結成の動きとGHQ
    ほか