サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

12時 修正:20%OFFクーポン(0817-19)

目次

    プロローグ 『愚管抄』論に向けての二つの助走(作為篇 偽書の青春-九条家に見る草創期の「家」の文化戦略
    自然篇 狐がくれた「鎌」の話-藤原摂関家の女たちによる鎌足神話の創出)
    第1部 その二つの形式をめぐって(時間論 天下を淳素に反すべし!-『愚管抄』に見る転換期のロマンティーク
    言説論 歴史の外部に立つこと-『愚管抄』における「一人称」表現の可能性)
    第2部 その三つの主題をめぐって(文武兼行論 ハカラヒの政治学-変転する「道理」と兵学リアリズム
    女人入眼論 女は世界を救えるか-『愚管抄』に見る慈円の「女性嫌悪」
    二神約諾論 「未来騙り」のテキスト-『愚管抄』のウソとマコト)
    第3部 同時代テキストとの比較二題(法然論 「おわり」と「はじまり」の意識-『愚管抄』に見るときの相克
    長明論 「安元の大火」に見る隠れた争点-「意味付け」の拒否、もしくはその多様化へ向けて)
    エピローグ 表題の意図をめぐって(自己言及論 歴史を「書く」とはどういうことか-歴史叙述の“ウソ”と“マコト”)