サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

目次

電子書籍

《当事者》としていかに危機に向き合うか

《当事者》としていかに危機に向き合うか

  • 河野勝 (著)/ 小西秀樹 (著)/ 荒木一法 (著)/ 清水和巳 (著)/ 友利厚夫 (著)
    第1章 賠償・防災・減災 
    ●契約理論で原発管理のあり方を考える (友利厚夫・荒木一法・小西秀樹)
    契約理論とは/原子力損害の賠償に関する法律/原子力損害賠償支援機構/契約理論から見た原賠法の精神/事故の発生と被害の拡大をもたらした原因/防災と減災の最適水準/最善の契約と損害賠償/次善の契約と安全神話

    第2章 疎開させるか/疎開させないか
    ●選択当事者としての視点 (清水和巳)
    私はまず何をしたのか?/私の判断は根拠によって妥当なのか?/私の判断は手続きによって妥当なのか?/疎開問題が示唆すること――原発・放射能問題の「公」的性格

    第3章 政策提言の方法論
    ●有識者の責任と 「外部化」 される政治について(河野勝)
    政策提言する責任と無責任/「政治の外部化」と政策提言