サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

レビューキャンペーン(0508-31)

目次

電子書籍

新聞は大震災を正しく伝えたか

新聞は大震災を正しく伝えたか

  • 花田達朗 (編著)/ 教育学部花田ゼミ (編著)
    第1部 実証的視点
    全国紙が見た震災/地方紙が見た震災―記事面積分析は何を教えるか(柏樹利弘・前原達也) 
    震災報道の「顔」―『河北新報』の情報源を検証する(林怡シェン)
    津波被災は持続的に報道されたか―阪神淡路大震災との比較から(篠原紀彦)

    第2部 批判的視点
    新聞はなぜ「大本営発表」と批判されるのか (片岡弘太)
    プルトニウム報道に見る在京紙と地方紙―超猛毒物質から福島県民を守るのはだれか(出澤広介)
    写真分析から見えた新聞記者の葛藤―報道の責任か、身の安全か (平井紀一)
    新聞が伝える「死」―「死」と向き合い、考える(蓮見嵐太)

    第3部 4つの場所から考える
    石巻市立大川小学校―検証記事をどう活かすか(六田悠一)
    南三陸町防災対策庁舎―報道対象の一極集中はなかったか(新田 修)
    長野県栄村―もう1つの被災地と地域の営みからの報道(朴 哲宏)
    牡鹿半島・十八成浜-「『がんばれ』は思考停止の言葉」(築比地真理)

    あとがき この本はどのように生まれ、どのように読まれるべきか(花田達朗)