サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

目次

    はじめに──血圧を気にしなければ病知らずになれる
    第一章 「高血圧症」という名の詐欺商法
     8年間で50も下がった基準値
     一生飲み続けなければならない薬
     健康な人を病人に仕立てる大罪
     降圧剤データ改竄事件の衝撃
     インチキ論文で大ヒット商品に
     前例のない刑事告発に発展
     5倍になった降圧剤の売り上げ
     製薬ビジネスはギャンブル同然
     寄付金をせびる御用学者たち
     あやふやすぎる基準値の根拠
     金まみれのWHO
     3歳児にまで血圧検査を推奨
     血圧の利権構造は原発と同じ
     わずかな操作で大儲けする企業
    第二章 脳梗塞は医者が作っている
     一番怖いのは脳梗塞
     降圧剤は脳梗塞の発症を倍にする
     公正な実験が打ち切られた理由
     降圧剤を飲むと、ガンになる
     薬で下げたら、認知症になった
     血圧は加齢とともに上がる
     180でも大丈夫
     体の反応にはすべて目的がある
     命を守るため体は血圧を上げる
     原因と結果が逆
     薬を出すのは医者の保身術
    第三章 血圧測定なんかいらない
     血圧は個性である
     朝測ることに根拠はない
     血圧計は今すぐ捨てなさい
     血圧が下がり切ると、人間は死ぬ
    ほか