サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

目次

電子書籍

柳田国男の民俗学構想

柳田国男の民俗学構想

  • 著:室井康成
    序章 本書の性格と狙い
    第1章 『遠野物語』は聖典なのか-その“神話”化をめぐる言説空間
    第2章 『遠野物語』執筆における柳田国男の“動機”-その農政論との関わりをめぐって
    第3章 同情と内省の同時代史へ-柳田国男の政治をめぐる「民俗」への視点
    第4章 柳田国男と選挙粛正運動-「政治教育」としての民俗学の構想と破綻
    第5章 柳田国男と教育基本法-「公民」観の位相と戦後民俗学構想をめぐって
    第6章 「個人」を育む民俗学-山口麻太郎における「政治教育」の実践とその意義をめぐって
    第7章 不公正なる「民俗」-きだみのるにおける柳田民俗学の実践と挑戦
    終章 結論-民俗学は、政治である。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。