サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

目次

電子書籍

俳句と川柳(講談社学術文庫)

俳句と川柳

  • 復本一郎
    はじめに

    第一章 十七音の文芸

     俳句とは、川柳とは/発句から俳句へ/江戸川柳と新川柳/芭蕉が参加した俳諧の連歌/発句における切字の効果/切字の二重構造性、完結性/脇、第三/平句の面白さ/発句の特質を考える/無季の発句はない/二句が一セットになる/無季の句でも/川柳のルーツは平句

    第二章 俳句に必要な「笑い」とは

     連歌の発句、俳諧の発句/俳諧では俗言を使う/庶民性と滑稽性の文芸/談林俳諧にとっての「笑い」/芭蕉が求めた「笑い」/「さび」の美だけではなく/俳句は生まじめな文芸か/他

    第三章 川柳のルーツを探る

     『竹馬狂吟集』『犬筑波集』/付句にクレームが/狂歌/付合の要領/謎解きを迫るような/川柳の萌芽が見られる/柄井川柳、志賀理斎/俳諧か、雑俳か/大人気を博す「万句合」/他

    第四章 発句・川柳句合競演

     「滑稽性」の衰退/「切れざる句」/句合/発句VS.江戸川柳/切字「や」の効果/本歌取り

    第五章 子規の俳句革新と川柳観

    ほか