サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

集英社30%OFFクーポン(~2/21)

目次

電子書籍

学問のすゝめ(講談社学術文庫)

学問のすゝめ

  • 福沢諭吉/ 伊藤正雄
    校注者はしがき
    合本学問之勧序
    初 編
     端 書
    第二編
     端 書
     人は同等なること
    第三編
     国は同等なること
     一身独立して一国独立すること
    第四編
     学者の職分を論ず
     付 録
    第五編
     明治七年一月一日の詞
    第六編
     国法の貴きを論ず
    第七編
     国民の職分を論ず
    第八編
     わが心をもつて他人の身を制すべからず
    第九編
     学問の旨を二様に記して中津の旧友に贈る文
    第十編
     前編の続き、中津の旧友に贈る
    第十一編
     名分をもつて偽君子を生ずるの論
    第十二編
     演説の法を勧むるの説
     人の品行は高尚ならざるべからざるの論
    第十三編
     怨望の人間に害あるを論ず
    第十四編
     心事の棚卸し
     世話の字の義
    第十五編
     事物を疑ひて取捨を断ずること
    第十六編
     手近く独立を守ること
     心事と働きと相当すべきの論
    第十七編
     人望論
    解 説
     一 福沢諭吉の生涯
     二 『学問のすゝめ』の成り立ち
     三 『学問のすゝめ』の精神
     四 『学問のすゝめ』の文章
     五 『学問のすゝめ』の用語
     六 『学問のすゝめ』の影響
    代表著作解題
    参考文献
    年 譜