サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

20%OFFクーポン(0525-27)

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

目次

    序 章 「町人」の時代──『日本永代蔵』の世界から──
      町人の登場/「才覚」と「仕合せ」のめぐりあい/奢侈と「元禄風」/町人の生活倫理/不思議な誘惑──遊芸・悪所・芝居──
    第一章 「遊芸」という行為
     一 ものみな遊芸──遊芸の構図──
      「諸師諸芸」の名簿/西鶴のえがいた町人の遊芸/近世文化の遊芸性/芸能者の変貌と「諸師」の誕生
     二 「外聞」としての遊芸──芸事の機能──
      都市と余暇/芸が身をたすける/人づきあいとしての遊芸/女性と遊芸/遊芸にもとめられたもの
     三 遊芸をささえるもの──遊芸の周辺──
      町家の成立と「座敷」/美術工芸品と遊芸/遊芸と出版文化
     四 破滅をかけて──遊芸批判の背景──
      「芸自慢」の危険性/『町人考見録』にみえる町人たち/二代目の遊芸/遊芸批判の系譜/遊芸の歴史的位置
    第二章 「悪所」という観念
     一 「悪所」という言葉
      町人語としての「悪所」/「悪所」とその仲間たち/「悪所」と「悪性」/悪所・好色・浮世
     二 遊里批判の論理
      なぜ「悪所」なのか/遊里史のうえの元禄期/消費もしくは浪費の誘惑
     三 虚偽と虚構
    ほか