サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

目次

電子書籍

竹むきが記研究(笠間叢書)

竹むきが記研究

  • 著:五條小枝子
    目次
    序章『竹むきが記』研究の課題 / p1
    第一節『竹むきが記』研究の諸問題 / p1
    第二節『竹むきが記』再評価の視座 / p19
    第一章『竹むきが記』の構造 / p25
    第一節『竹むきが記』の記事と史実 / p25
    一 基本的性格としての記録的態度 / p25
    二 作者の生きた時代-史実の確認 / p31
    三 史実との齟齬 / p46
    第二節 元弘元年暮の記事における史実との齟齬 / p53
    一 記事の配列とその問題点 / p53
    二 記事の構成とその分析 / p55
    三 再構成の手法と和歌の役割 / p62
    第三節 北山第御幸の記事における史実との齟齬 / p68
    一 北山第への行幸・御幸の記録 / p68
    二 暦応五年御幸始の記事 / p73
    三 暦応四年御幸始の記事がないことの意味 / p78
    第四節『竹むきが記』の構成法 / p82
    一 史実との齟齬からうかがわれる意図的操作 / p82
    二 日付の混乱からうかがわれる意図的操作 / p91
    三 意図的操作と構成意識 / p111
    第二章『竹むきが記』の表現様式の特質 / p117
    第一節 作者の教養の基調にあるもの / p117
    一 作者の和歌的環境 / p117
    二 作者自詠の和歌とその参考歌 / p122
    三 地の文の和歌的叙述 / p136
    四 作者の教養の基盤 / p141
    第二節 上巻の和歌のあり方と地の文の叙述 / p146
    一 上巻収載の和歌 / p146
    二 対象とする二つの章段 / p148
    三 当該章段前後の記事の配列 / p150
    四 和歌の有無と地の文の叙述との関係 / p153
    五 公宗とのかかわりで詠まれた和歌の意味 / p158
    第三節 下巻の和歌のあり方と地の文の叙述 / p161
    一 下巻収載の和歌 / p161
    二 下巻における和歌の諸相 / p163
    第四節 記録的叙述の特質と再評価の試み / p174
    一 作者にとっての和歌の位置と叙述 / p174
    二 記録的叙述の底流にあるもの / p181
    三 表現様式の特質とその評価 / p194
    第三章『竹むきが記』における宗教観 / p199
    第一節 浄土教思想とそれへの懐疑 / p199
    一 作者の宗教的環境 / p199
    二『竹むきが記』にみえる浄土教思想 / p203
    三「生死を出づる道」 / p210
    第二節『竹むきが記』作者の宗教への想念 / p220
    一 霊鷲寺とその長老 / p220
    二 作者の志向した修行 / p228
    三 作者の教説受容の態度 / p234
    四 作者の道心の本質 / p251
    終章『竹むきが記』の成立 / p265
    第一節『竹むきが記』の原点 / p265
    一 公宗事件の実相 / p265
    二 生きていく作者の心底 / p273
    第二節『竹むきが記』の成立 / p284
    一「昔」-回想の起点 / p284
    二「北山第」への回帰 / p290