サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

[総合]KADOKAWAKポイント40倍キャンペーンページ作成(~2/21)

目次

    序章 近くて遠い明治(言語の身体性
    現代からみた明治期-『英和字彙』を例として
    本書を概観する)
    1章 消された漱石(「フタエマブチ」は「フタエマブタ」か
    「マブタ」「マブチ」に関わる語群
    単純後の概観
    現代日本語を対照して考える
    複合語の分布から考える
    明治期の「マブタ」「マブチ」を考える
    漱石作品における「-マブタ」「-マブチ」
    おわりに)
    2章 印刷が消した漱石(「嶌田」は「島田」か
    印刷されて形を変える原稿
    漱石の漢字字形/字体
    漱石の漢字の用字-漱石は「奇態」だったのか
    語形から考える
    「漱石文法」
    明治期のテキストからみた漱石の原稿
    おわりに)
    3章 漱石が消した漱石(「骨稽」は単純な誤記か
    虚子の訂正と漱石の訂正
    「順良」はどこからきたか
    仮名書きから漢字書きへの変更
    「ナマグサイ」にあてられた漢字列
    「同訓異議」「同訓異字」という捉え方
    連合関係
    外来語の定着度
    おわりに)
    終章 『それから』百年(明治四十二年六月二十七日のテキストからわかること
    「手続き」がなぜ必要か
    二〇〇七年六月三日漱石の「相対化」が行なわれていない
    表記に関する「オリジナリティ」「プライオリティ」
    言語の身体性-聴覚から視覚へ
    身体性からみた「手書き」
    おわりに)