サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

目次

    序 『源氏物語』の人物・和歌・表現
    1 作中人物と言葉(情け・六条御息所と光源氏
    六条御息所生霊化の理路-「うき」をめぐって
    朝顔姫君の形象と主題-「変わる心」と「変わらぬ心」
    光源氏論-澪標巻「思ふ様にかしづき給ふべき人」をめぐって)
    2 作中和歌の領分(白露の光そへたる-夕顔巻の和歌の言葉へ
    氷閉づる月夜の歌-朝顔巻の和歌の解釈をめぐって
    浮舟と「峰の雨雲」-浮舟巻「かきくらし」の一首をめぐって
    踏み惑う薫と夢浮橋-宇治十帖の終末についての試論)
    3 物語世界の内と外(三歳源氏の内裏退出-桐壼巻の時間と延喜天暦准拠説
    光安朝の遊離魂現象と『源氏物語』-葵巻の虚と実
    松風巻論-光源氏の栄華の起点として
    宿木巻論-時間・語り・主題)
    結 闇に惑われぬ光源氏と「不致仕」の思想-物語の精神的基底