サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

目次

電子書籍

古今和歌集表現論

古今和歌集表現論

  • 著:鈴木宏子
    第1章 四季歌論(「雪と花の見立て」考-万葉から古今へ
    「紅葉と錦の見立て」考-和歌と漢詩文の間
    『古今集』における「景物の組合せ」-花を隠す霞・紅葉を染める露
    「梅と鶯の組合せ」考
    『古今集』の擬人法)
    第2章 恋歌論(『古今集』恋歌の構造に関する試論
    「忘る」「忘れず」考-時の推移の表現
    「忘る」「忘れず」続考-類句から歌ことばへ
    「待つ」考
    「うらみ」考-歌ことばの生成
    「あき」「あかず」考-万葉から古今へ)
    第3章 『古今集』から『源氏物語』へ(柏木の物語と引歌)\n目次 / p3
    凡例 / p9
    序にかえて / p13
    第一部 四季歌論 / p41
    はじめに-目的と方法- / p43
    第一章 <見立て>論 / p85
    第一節 <見立て>の定義と概観 / p87
    (付)一覧表 / p125
    第二節 <雪と花の見立て>考-万葉から古今へ- / p137
    第三節 <紅葉と錦の見立て>考-和歌と漢詩文の間- / p219
    第二章 <景物の組合せ>論 / p311
    第一節 <景物の組合せ>の定義と概観 / p313
    (付)一覧表 / p369
    第二節 <梅と鶯の組合せ>考-植物と動物の組合せ- / p377
    第三節 <花を隠す霞><紅葉を染める露>考-植物と天象の組合せ- / p457
    第二部 恋歌論 / p533
    はじめに-目的と方法- / p535
    第一章 恋歌の要となる動詞 / p585
    第一節『古今集』恋歌の構造 / p587
    第二節 恋歌の要となる動詞 / p661
    (付)一覧表 / p673
    第二章 恋歌基本動詞各論 / p699
    第一節 <忘る><忘れず>考-時の推移の表現- / p701
    第二節 <忘る><忘れず>再考-類句から歌ことばへ- / p789
    第三節 <待つ>考-<今来むと・・・(待つ)><来ぬ人を待つ>- / p879
    第四節 「逢わぬ恋」の動詞群-<音に聞く>・<人に知られず>・<死ぬ>などの周辺- / p997
    第三章 柏木の物語と引歌 / p1141
    後記 / p1243

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る