サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「定期購読登録キャンペーン」(0713-31)

目次

電子書籍

今昔物語集の世界構想

今昔物語集の世界構想

  • 著:前田雅之
    1部 仏陀・仏法・聖徳太子(仏陀と天竺-天竺化をめぐって
    仏陀・阿難・仏法-媒介者の役割 ほか)
    2部 歴史叙述と編纂意識(平安期説話集の歴史叙述と今昔物語集
    三国意識と自国意識-本朝仏法伝来史の歴史叙述 ほか)
    3部 天皇・<公>・国家(仏法と王法-別種の仏法王法相依論
    三国世界の王と天皇-遍在する天皇と本朝 ほか)
    4部 世界構想と反世界=ノイズ(構築と破壊の迫で-普遍性・個別性、そしてノイズ
    似而非なる世界-<漢的>言説との絶望的な距離 ほか)\n序 今昔物語集の世界構想をめぐって / p1
    1 はじめに / p1
    2 今昔物語集の研究史から / p2
    3 本書の構成 / p6
    I部 仏陀・仏法・聖徳太子
    1章 仏陀と天竺 天竺化をめぐって / p11
    1 はじめに / p11
    2《仏》の時空世界=<天竺> / p12
    3<天竺化>の諸相 / p16
    4 おわりに / p18
    2章 仏陀・阿難・仏法 媒介者の役割 / p21
    1 はじめに / p21
    2《仏》の意味するもの / p22
    3《仏》の「法」 / p29
    4《仏》から<仏法>へ / p33
    5 おわりに / p38
    3章 仏法・仏道・三宝《他者》としての「仏法」 / p39
    1 はじめに / p39
    2 <仏法>の意味的領域と対立語としての「世間」 / p41
    3 <仏法>と「仏道(仏ノ道)」・「三宝」 / p55
    4 おわりに / p72
    4章 仏陀・僧・聖徳太子 / p75
    1 仏陀・公・聖徳太子 / p75
    2 僧伝 / p79
    3 平安期説話集の聖徳太子(伝) / p86
    II部 歴史叙述と編纂意識
    1章 平安期説話集の歴史叙述と今昔物語集 / p99
    1 はじめに / p99
    2『日本霊異記』~の歴史叙述 / p103
    3『三宝絵』・『日本往生極楽記』『法華験記』の歴史叙述 / p107
    4 今昔物語集の歴史叙述 / p112
    5 おわりに / p118
    2章 三国意識と自国意識 本朝仏法伝来史の歴史叙述 / p120
    1 はじめに / p120
    2 巻十一1~3のもつ意味 / p121
    3 3話の欠脱と自国意識-三国意識 / p123
    4 巻十一・1~12話と自国意識 / p125
    5 本朝仏法史と自国意識 / p128
    6 おわりに / p132
    3章 本朝仏法史の基底 寺院建立話群の歴史意識 / p133
    1 はじめに / p133
    2 説話の排列 / p135
    3 寺院建立話の形成 / p143
    4 寺院建立話のイデオロギー / p146
    5 おわりに / p150
    4章 震旦「国史」の構想 仏法と王権の同時発生 / p154
    1 はじめに / p154
    2「国史」と泰始皇 / p155
    3 説話排列と説話連想の相関が齎したもの / p162
    4 おわりに / p168
    5章 排列意識と連想意識 巻五「仏前」の内的世界 / p170
    1 はじめに / p170
    2 巻五の目録標題 / p172
    3 1話~6話の説話俳列-脱話連想 / p174
    4 13話・14話の意味するもの / p176
    5 22話と動物話群 / p178
    6 29話~32話の位相 / p181
    7 おわりに / p183
    III部 天皇・<公>・国家
    1章 仏法と王法 別種の仏法王法相依論 / p187
    1 はじめに / p187
    2 仏法王法相依論の論理構造と概念 / p189
    3 今昔物語集の<仏法>と<王法> / p192
    4 おわりに / p210
    2章 三国世界の王と天皇 遍在する天皇と本朝 / p212
    1 はじめに / p212
    2 偏在する「天皇」 / p213
    3 本朝における「天皇」と「帝王」 / p216
    4 自国意識と天皇 / p220
    5<公>と天皇 / p222
    6 おわりに / p228
    3章 本朝<国家>像の達成 擬似律令国家への夢想 / p229
    1 はじめに / p229
    2 外在する思想状況と今昔物語集の三国と自国 / p230
    3<国家>の諸相 / p235
    4 おわりに / p245
    4章<公>・<ム>・「世俗」 新たな公への対処 / p247
    1 はじめに / p247
    2 中世の創始と院政期 / p248
    3 説話集におにる<世俗>の形成 / p252
    4 今昔物語集における<世俗>と「公共性」 / p258
    5 おわりに / p271
    5章<神>の存在形態 周縁的存在としての<神> / p272
    1 はじめに / p272
    2 「神祗」と「仏法」・「国家」・「天皇」 / p274
    ほか