サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

目次

電子書籍

上代文字言語の研究

上代文字言語の研究

  • 著:犬飼隆
    序論 文字表語機能観
    第1部 漢字を日本語の音節文字につくりかえる
    第2部 万葉仮名で日本語の語形を書きあらわす
    第3部 漢字を日本語の表語文字につくりかえる
    第4部 万葉仮名で日本語の文を書きあらわす
    終論 「文字言語研究」の課題\n目次 / p1
    前書き / p5
    序論 文字表謡機能観 / p9
    本論 / p27
    第一部 漢字を日本語の音節文字につくりかえる / p29
    導言 / p31
    第一章 万葉仮名に内海されていた片仮名・平仮名への連続面 / p33
    第二章 万葉仮名の漢字音からの「離れ」-陽声字の万葉仮名による固有名詞の表記- / p70
    【補説】韻尾と添加母音との対応間係 / p80
    第三章 万葉仮名の字体と使用場面の相関-ツの字源- / p85
    結語 / p93
    第二部 万葉仮名で日本語の語形を書きあらわす / p95
    導言 / p97
    第一章 古事記のオの仮名の二種の字体 / p102
    【補説1】古事記のヲの仮名 / p118
    【補説2】[迦]と[加]の歌謡における分布 / p120
    第二章 古事記のホの仮名の二種の字体 / p121
    【補説1】古事記の用言の再活用における母音交替 / p151
    【補説2】[存]は甲類相当か乙類相当か / p154
    【補説3】大宝二年戸籍のホの仮名 / p155
    第三章 音韻の対立が解消した後の上代特殊仮名遣いの行方-古事記と万葉集のト、ロの仮名- / p157
    第四章 古事記のシの仮名の二種の字体 / p172
    結語 / p182
    第三部 漢字を日本語の表語文字につくりかえる / p183
    導言 / p185
    第一章 上代の戸籍における兄弟姉妹関係の用字と語彙との間 / p187
    【補説】「あね」の語源と上代日本の家族制度 / p214
    第二章 古事記と日本書紀の兄弟姉妹・配偶関係の用字 / p218
    第三章 接頭辞「いろ」を万葉仮名と正訓字とで表記した意図 / p243
    第四章 正訓字に添えられた音注の機能-かづしかのままのてご(な)- / p260
    結語 / p277
    第四部 万葉仮名で日本語の文を書きあらわす / p279
    導言 / p281
    第一章 万葉仮名の字体の変異が変異がはたしていた視覚上の分節機能 / p285
    第二章 上代文献中の同音節連接の表記と視覚上の分節 / p322
    【補説】二字、三字の繰り返しの表記 / p343
    第三章 万葉仮名の「濁」音専用の字体がはたしていた視覚上の統制機能 / p344
    第四章 古事記歌謡の前後に改行が施されていた可能性 / p367
    【補説】古事記歌謡五番「ぬばたまの」の表記の仕組み / p387
    結語 / p390
    終論「文字言語研究」の課題 / p391
    後書き / p409
    索引 / 索引(1)