サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

    はじめに──何のために書くのか?
    第1章 なぜ書けないのか? ──思いこみを捨てよう
    1 文章はだれでも、何歳からでも書ける
    2 残念な大人たち
    3 肩書きを脱げない人──プライドが邪魔をする

    第2章 何を書くか? ──「自分にしか書けないこと」を書く
    1 何を書けばいいのか分からない
    2 作文の呪縛──「立派な意見」は必要ない
    3 紋切り型の誘惑──自分の素顔を見つける

    第3章 どのように書くか? I ──だれが読んでも分かるように書く
    1 「ありきたり」と「独りよがり」
    2 出来事ではなく「体験」を描く
    3 描写力=五感を取り戻そう

    推敲しよう ──初級編
    (1)「文体」を統一する
    (2)「人称」を選ぶ
    (3)誤記に注意する

    第4章 いつ、どこで書くか? ──メモ帳を持って街に出よう
    1 文章がまとまらない
    2 「作品」になったメモ──宮澤賢治「雨ニモ負ケズ」手帳
    3 増殖するアイデア──吉行淳之介『暗室』メモ

    第5章 どのように書くか? II ──「心をつかむ」文章の秘訣
     1 文章に「装い」をこらす
    村上春樹の「比喩」──個性的なアクセサリー
    ほか