サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

ポイント祭り!! 双葉社ポイント40倍(~2/28)

目次

電子書籍

日本語の考古学(岩波新書)

日本語の考古学

  • 今野真二著
    目  次
       はじめに

     一 「書かれた日本語」の誕生 ──最初の『万葉集』を想像する

     二 『源氏物語』の「作者」は誰か ──古典文学作品の「書き手」とは

     三 オタマジャクシに見えた平仮名 ──藤原定家の『土左日記』

     四 「行」はいつ頃できたのか ──写本の「行末」を観察する

     五 和歌は何行で書かれたか ──「書き方」から考える日本文学と和歌

     六 「語り」から「文字」へ ──流動体としての『平家物語』

     七 「木」に読み解く語構成意識 ──「ツバキ」と「ヒイラギ」と

     八 なぜ「書き間違えた」のか ──誤写が伝える過去の息吹

     九 「正しい日本語」とは何か ──キリシタン版の「正誤表」から

     十 テキストの「完成」とは ──版本の「書き入れ」
       おわりに
       あとがき