サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

目次

    本書に寄せて
    まえがき
    謝辞
    Part.I 関数型プログラミングの基礎
    第1章 関数型プログラミングとは
    1.1 関数型プログラミングの利点:単純な例
    1.2 関数とはいったい何か
    1.3 参照透過性、純粋性、置換モデル
    1.4 まとめ
    第2章 Scala関数型プログラミングの準備
    2.1 速習:Scala言語
    2.2 プログラムの実行
    2.3 モジュール、オブジェクト、名前空間
    2.4 高階関数:関数に関数を渡す
    2.5 多相関数:型の抽象化
    2.6 型に従う実装
    2.7 まとめ
    第3章 関数型プログラミングのデータ構造/3.1 関数型データ構造の定義
    3.2 パターンマッチング
    3.3 関数型データ構造でのデータ共有
    3.4 リストの再帰と高階関数の一般化
    3.5 ツリー
    3.6 まとめ
    第4章 例外を使わないエラー処理/4.1 例外の光と影
    4.2 例外に代わる手法
    4.3 Optionデータ型
    4.4 Eitherデータ型
    4.5 まとめ
    第5章 正格と遅延
    5.1 正格関数と非正格関数
    5.2 遅延リストの例
    5.3 プログラムの記述と評価の切り分け
    5.4 無限ストリームと余再帰
    5.5 まとめ
    第6章 純粋関数型の状態/6.1 副作用を使った乱数の生成
    6.2 純粋関数型の乱数の生成
    ほか