サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

【総合】honto 6周年 「超スーパーセール」(~5/31)

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

目次

    第1章 残念ホームページを『サロンの分身』に変える13のヒント
    1.TOPぺージはホームページの店構え 1秒で「何屋さん」なのかアピールを!
    TOPページは「ホームページの店構え」と心得る!
    「何屋さんか」を伝えるにはビジュアルで表現するのが一番!
    2.せっかくの「こだわり」や「サロンの強み」伝えモレしていませんか?
    こだわりを語る時はバランスに注意
    こだわりを伝えるには4つの分野から考える
    3.「おしながき」かい!?金額だけのメニューページ
    お客様は比べる内容がなければ価格で比べます
    価格競争にならないためのメニューページで押さえたいポイント
    4.メニュー説明の「順番間違い」はいきなりプロポーズしてフラれるのと一緒!
    いきなりプロポーズは成功するか?
    メニューの説明に必要なのは愛だ(AIDA)!
    5.OH! NO! プロフィールの写真が怖い!
    お客様には「後ろめたい」ことがある?
    ホームページで笑顔写真が効果的な場面は?
    6.プロフィールには「余計な情報」をたっぷりと!
    お客様は「余計なこと」に共感し、親近感をもつ
    プロフィールに入れたい余計なこととは?
    ほか