サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:続刊予約キャンペーン(0810-31)

目次

電子書籍

文学論 (下)(岩波文庫)

文学論 (下)

  • 夏目漱石著
    目  次

     第四編 文学的内容の相互関係
       真を伝ふる手段/聯想法
      第一章 投出語法
       意義/抽象事物の擬人法/その価値/十八世紀文学
      第二章 投入語法
       意義/投出語法との関係
      第三章 自己と隔離せる聯想
       範囲の拡大/写生/条件/古典の引用/Homeric simile/Arnold
      第四章 滑稽的聯想
       特質/文学的価値
      第一節 口合
       条件/Hood/無意識的洒落
      第二節 頓才
      第五章 調和法
       効果/日本人の自然に対する愛/自然界の景物/俳文学/人工的調和
      第六章 対置法
       調和法の一変体
      第一節 緩勢法
      第二節 強勢法
      [附] 仮対法
       Macbethの門衛/正反両解
      第三節 不対法
       Fielding のTom Jones/Sterne のTristram Shandy
      第七章 写実法
       他の諸法との関係/写実法の効果/Wordsworth の主張/材料の写実/Crabbe/Austen/Bronte/浪漫、理想両派/その特質
      第八章 間隔論
       形式の幻惑/歴史的現在/批評的作品/同情的作品/編中人物の位地変更/Burns と Goldsmith/Ivanhoe/Samson Agonistes
    ほか