サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

    【本書の構成】
    第1章 医者は患者にすすめてきた抗がん剤を使うのか
    医者の選択1 自分自身や家族ががんになっても抗がん剤治療は受けない
    医者の選択2 抗がん剤の副作用で、突然死ぬこともある。
    「打たない」治療をすすめる医師を探す

    第2章 がんになった外科医が外科手術をためらうのはなぜか
    医者の選択 7 手術をしたがる外科医を信用しない
    医者の選択8 術後の後遺症を防ぐために、「腕のいい外科医」以外には絶対に切らせない

    第3章 「効果の期待できない」治療をなぜ医者は患者にすすめるのか
    医者の選択10 病院がもうかるために、「自分が患者なら拒否したい」治療を行う
    医者の選択11 医療訴訟を避けるために、マニュアルに沿った治療しかしない

    第4章 なぜ医者は患者にはすすめない代替医療を選ぶのか
    医者の選択13 西洋医療にこだわらず、セカンドオピニオンを使い、自分にあった治療法を探す
    医者の選択15 「生活習慣の改善」、「ストレスの緩和」でがん細胞の増殖を抑える

    第5章 医者は自分が患者になったとき、「死」とどう向き合うか
    医者の選択22 末期がんになったら、延命のための治療は一切しない