サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0226-28)

修正:20%OFFクーポン(0226-28)

目次

電子書籍

宗教消滅(ソフトバンク新書)

宗教消滅

  • 島田裕巳
    1章 誰も神を信じない世界
    ・福音派が中国で10%を超える
    ・再びイスラム教に支配されるヨーロッパ
    ・ブラジルでカトリック信者が激減
    ・神を信じる人が激減するアメリカ
    ・テロリストを夢見るヨーロッパ移民

    2章 資本主義が宗教を殺す
    ・財政破綻のギリシアに共同体はゼロ
    ・周縁をなくした資本主義
    ・資本主義は、宗教という共同体を破壊する
    ・ポスト資本主義時代の宗教

    3章 宗教が世俗化する国・日本
    ・崩壊を予感させたPLの花火
    ・信者数、55パーセント減の衝撃
    ・高野山の参拝客が激減
    ・法隆寺の拝観料が安くなる
    ・修学旅行がなくなり、疲弊する奈良仏閣
    ・すすむ日本の宗教の世俗化
    ・じつは危険水域の宗教団体
    ・「宗教=ムラ」を失った地域コミュニティ

    4章 日本の共同体=宗教とはなんだったか
    ・創価学会はかつて「教育」を担っていた
    ・都市の若者とつながっていた新興宗教
    ・織田信長とアッラーの共通点
    ・名古屋に居続けるトヨタの強さ
    ・家族が最後の砦
    ・家族の格差が人生を規定する

    5章 資本主義は、宗教と心中する
    ・格差の受け皿としての力を失った宗教
    ほか