サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

【総合】honto 6周年 「超スーパーセール」(~5/31)

目次

電子書籍

電子出版時代の著作権入門

電子出版時代の著作権入門

  • 日本電子出版協会著作権委員会/ 村瀬拓男
    刊行にあたって
    はじめに――著作権の知識はどんなときに必要か
    01 著作物の利用と著作権の制限
    著作物と著作権/著作権と出版権/利用許諾 など
    02 著作権法のモデルとビジネスモデル
    03 著作権は何のための制度化か――財産権と人格権
    人格権/財産権
    04 著作物の意義――権利と公共性
    著作権は支分権で構成される/なぜ保護期間があるのか など
    05 著作物性――著作物の境界
    定義/ありふれた表現/記事の見出し/写真/応用美術/タイプフェイス/キャラクター など
    06 誰が著作者か?
    企画者は著作者か/インタビュー記事の著作権は?/職務著作 など
    07 著作権の内容――支分権
    複製権と公衆送信権/譲渡権
    08 権利の消尽と支分権
    ファースト・セール・ドクトリン/紙媒体での出版と電子出版との違い など
    09 制限規定
    引用/公開の美術/写り込み/サムネイル
    10 権利の取引
    権利譲渡、信託的譲渡/出版権 など
    11 二次的著作物
    翻訳・翻案権と著作権譲渡契約/原著作者の権利
    12 著作隣接権