サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

目次

    はじめに――仏教にとって、「死」とは「自分が生きていく糧」なのです

    1章 私の心に残った、こんな「お葬式」
    ――心温まる送り方

    ◆「逝く人」に何をしてあげられるか?
    ◆お世話になった方への「ご恩返し」
    ◆「亡き人」と「仏さま」と、そして「私」
    ◆喜怒哀楽の渦巻きの中で人は何を思う?
    コラム(1) こんなタブー、知っている?


    2章「生きざま」と「死にざま」はつながっています
    ――亡くなっても続く「縁」

    ◆「僕は来月、生まれて初めて七十九歳になる」
    ◆「初めてということに対する心の張り」
    ◆人とお別れをするとき
    ◆節目節目で「けじめ」をつける
    ◆人生で最も大切な仕事
    ◆「人は死んだら終わり」――そんなことは、ありません!
    コラム(2) カラスが鳴くと誰かが亡くなる?

    3章 仏教が教えてくれた、お葬式のあり方
    ――送り方で〈心の絆〉が深まる

    ◆次の生での救いを願うために
    ◆会葬者をもてなす宴をしみったれない!
    ◆古くからの習俗には、それぞれ深い意味がある
    ◆お釈迦さまの教え――悲しみのあとに生まれる心安らかな境地
    ◆「通夜」は人の優しい情けの形
    ほか