サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

目次

電子書籍

小児救急(講談社文庫)

小児救急

  • 鈴木敦秋
    まえがき
    第一章 ある小児科医の自殺
    中原利郎医師(四四歳)の場合
    八月一六日
    「小児科医は天職だ」
    小児科は採算がとれない
    「俺は病院に殺される!」
    合格通知
    小児には、未来があり
    母として、妻として
    署名活動
    第二章 たらいまわし
    岩手県一関市・佐藤頼ちゃん(七ヵ月)の場合
    2DKのアパート
    深夜の発熱
    「頼! 頼! 頼!」
    押し寄せる声
    国会質問
    医師会はどう動いたのか
    盛岡の新しい小児救急システム
    小児救急を変えたい
    第三章 誤診と引き継ぎミス
    東京都葛飾区・豊田理貴ちゃん(五歳)の場合
    辛い記憶
    理貴ちゃんの成長
    引き継ぎの歯車
    内部告発
    ある小児科研修医
    日本一の小児科医を支えるもの
    「命を救えるのは、お医者さんだけです」
    招待状
    第四章 私たちにできること
    三家族と日本小児科学会理事・中澤誠の「格闘」
    患者と医師の新しい出会い
    「いい医者って何だね?」
    小児救急プロジェクトチーム
    地域の総力戦
    「夜間救急の治療費は、もっと高くてもいいんです」
    鳴りやまない拍手
    単行本あとがき
    ほか