サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

「続刊予約キャンペーン」(~5/31)

目次

電子書籍

ことばと思考(岩波新書)

ことばと思考

  • 今井むつみ著
    目 次

    序 章 ことばから見る世界──言語と思考

    第一章 言語は世界を切り分ける──その多様性
    色の名前
    モノの名前
    人の動きを表す
    モノを移動する
    モノの場所を言う
    ぴったりフィットか、ゆるゆるか
    数の名前のつけ方

    第二章 言語が異なれば、認識も異なるか
    言語決定論、あるいはウォーフ仮説
    名前の区別がなくても色は区別できるか
    モノと物質
    助数詞とモノの認識
    文法のジェンダーと動物の性
    右・左を使うと世界が逆転する
    時間の認識
    ウォーフ仮説は正しいか

    第三章 言語の普遍性を探る
    言語の普遍性
    モノの名前のつけ方の普遍性
    色の名前のつけ方の普遍性
    動作の名前のつけ方の普遍性
    普遍性と多様性、どちらが大きいか

    第四章 子どもの思考はどう発達するか──ことばを学ぶなかで
    言語がつくるカテゴリー
    モノの名前を覚えると何が変わるのか
    数の認識
    ことばはモノ同士の関係の見方を変える
    言語が人の認識にもたらすもの

    第五章 ことばは認識にどう影響するか
    言語情報は記憶を変える
    言語が出来事の見方を変える
    色の認識とことば
    言語を介さない認識は可能か

    終 章 言語と思考──その関わり方の解明へ
    結局、異なる言語の話者はわかりあえるのか
    認識の違いを理解することの大事さ
    あとがき
    参考文献