サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

目次

    目 次
    はしがき──「文化」は、いま

    第一章 グローバリゼーションは「文化」を殺す?
    1 スーパーモダン
    2 ポストモダン
    3 肯定派と否定派
    4 保守派とリベラル派内部の不協和音
    5 ナショナルな次元の重要性
    6 重層的なガバナンス
    7 グローカリゼーション
    スローフード/創作エイサー/先住民族
    8 搾取される「伝統文化」
    9 ハイリスク・ハイリターンの皮肉
    10 「われわれはみんなペストの中にいるのだ」

    第二章 台頭する「人間の安全保障」という視点
    1 格差の再編成
    2 新自由主義の論理と力学
    オーディット文化/消費者至上主義/市場化される精神性と身体性/ 〈帝国〉の権力とネットワーク
    3 「人間の安全保障」
    4 セーフティーネットとしての文化
    5 教育の挑戦
    6 製品の可能性
    7 言語という権利
    8 方便としての文化
    9 文化相対主義の陥穽

    第三章 ソフトパワーをめぐる競合
    1 ソフトパワーをめぐる狂想曲
    文化の地政学/ソフトパワーとしての「人間の安全保障」
    2 パブリック・ディプロマシーの時代
    3 「対外発信強化」の陥穽
    4 道義的な高潔さ
    5 「支配」から「支援」へ
    6 グローバル・シビリアン・パワー

    第四章 新しい担い手たち
    1 政策的価値は「不純」か?
    2 ガバナンスの新たな潮流
    3 米国モデルの優位性
    4 創発的な試み
    5 日本が直面する課題
    評価や測定は可能か
    第五章 理論と政策の狭間で
    1 「離見の見」
    2 構築主義
    3 境界線への眼差し
    4 境界線を編み直す
    芸術という試み/市場という試み/政治という試み/外交という試み/リベラル・アーツという試み/文化人類学という試み
    5 「文化」を語れなくなった時代
    6 一九九〇年代の米国の経験
    7 新たな問い
    おわりに──「文化」の未来
    あとがき──ピーボディ四六号室