サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

目次

電子書籍

Scalaスケーラブルプログラミング第3版

Scalaスケーラブルプログラミング第3版

  • Martin Odersky/ Lex Spoon/ Bill Venners/ 長尾 高弘/ 羽生田 栄一/ 水島 宏太
    第01章 スケーラブルな言語 A Scalable Language/1.1 プログラマーとともに成長する言語
    1.2 Scalaがスケーラブルな理由
    1.3 Scalaを選ぶ理由
    1.4 Scalaのさまざまなルーツ
    1.5 まとめ
    第02章 Scalaプログラミングの第一歩 First Steps in Scala/2.1 [ステップ1]Scalaインタープリターの使い方を学ぶ
    2.2 [ステップ2]変数を定義する
    2.3 [ステップ3]関数を定義する
    2.4 [ステップ4]簡単なScalaスクリプトを書く
    2.5 [ステップ5]whileによるループ、ifによる分岐
    2.6 [ステップ6]foreachとforによる反復実行
    2.7 まとめ
    第03章 Scalaプログラミングの次の一歩 Next Steps in Scala/3.1 [ステップ7]配列を型でパラメーター化する
    3.2 [ステップ8]リストを使う
    3.3 [ステップ9]タプルを使う
    3.4 [ステップ10]集合とマップを使う
    3.5 [ステップ11]関数型のスタイルを見分ける
    3.6 [ステップ12]ファイルから行を読み出す
    3.7 まとめ
    第04章 クラスとオブジェクト Classes and Objects/4.1 クラス、フィールド、メソッド
    4.2 セミコロン推論
    4.3 シングルトンオブジェクト
    4.4 Scalaアプリケーション
    4.5 Appトレイト
    4.6 まとめ
    第05章 基本型と演算子 Basic Types and Operations/5.1 基本型
    5.2 リテラル
    5.3 文字列補間
    5.4 演算子はメソッドである
    5.5 算術演算
    5.6 関係演算子と論理演算子
    5.7 ビット単位演算
    5.8 オブジェクトの等価性
    5.9 演算子の優先順位と結合性
    5.10 リッチラッパー
    5.11 まとめ
    第06章 関数型スタイルのオブジェクト Functional Objects/6.1 Rationalクラスの仕様
    6.2 Rationalの構築
    6.3 toStringメソッドのオーバーライド
    6.4 事前条件のチェック
    6.5 フィールドの追加
    6.6 自己参照/6.7 補助コンストラクター
    6.8 非公開フィールドとメソッド
    6.9 演算子の定義
    6.10 Scalaの識別子
    6.11 メソッドの多重定義
    6.12 暗黙の型変換
    6.13 [使用上の注意]演算子メソッドと暗黙の型変換/6.14 まとめ
    第07章 組み込みの制御構造 Built-in Control Structures/7.1 if式
    7.2 whileループ
    7.3 for式
    7.4 try式による例外処理
    7.5 match式
    7.6 breakとcontinueを使わずに済ませる
    7.7 変数のスコープ
    7.8 命令型スタイルのコードのリファクタリング
    7.9 まとめ
    第08章 関数とクロージャー Functions and Closures/8.1 メソッド
    8.2 ローカル関数
    8.3 一人前の存在としての関数
    8.4 関数リテラルの短縮形/8.5 プレースホルダー構文
    8.6 部分適用された関数
    8.7 クロージャー
    8.8 関数呼び出しの特殊な形態
    8.9 末尾再帰
    8.10 まとめ
    第09章 制御の抽象化 Control Abstraction/9.1 重複するコードの削減
    9.2 クライアントコードの単純化
    9.3 カリー化
    9.4 新しい制御構造を作る
    9.5 名前渡しパラメーター
    9.6 まとめ
    第10章 合成と継承 Composition and Inheritance/10.1 2Dレイアウトライブラリー
    10.2 抽象クラス
    10.3 パラメーターなしメソッドの定義
    10.4 クラスの拡張
    10.5 メソッドとフィールドのオーバーライド
    10.6 パラメーターフィールドの定義
    10.7 スーパークラスコンストラクターの呼び出し
    10.8 override修飾子の使い方
    10.9 多相性と動的束縛
    10.10 ファイナルメンバーの宣言
    10.11 合成か継承か
    10.12 above、beside、toStringの実装
    10.13 ファクトリーオブジェクトの定義
    10.14 高さを調整するheighten、幅を調整するwiden
    ほか

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む