サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

集英社30%OFFクーポン(~2/21)

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

電子書籍

Scalaスケーラブルプログラミング第3版

Scalaスケーラブルプログラミング第3版

  • Martin Odersky/ Lex Spoon/ Bill Venners/ 長尾 高弘/ 羽生田 栄一/ 水島 宏太
    第01章 スケーラブルな言語 A Scalable Language/1.1 プログラマーとともに成長する言語
    1.2 Scalaがスケーラブルな理由
    1.3 Scalaを選ぶ理由
    1.4 Scalaのさまざまなルーツ
    1.5 まとめ
    第02章 Scalaプログラミングの第一歩 First Steps in Scala/2.1 [ステップ1]Scalaインタープリターの使い方を学ぶ
    2.2 [ステップ2]変数を定義する
    2.3 [ステップ3]関数を定義する
    2.4 [ステップ4]簡単なScalaスクリプトを書く
    2.5 [ステップ5]whileによるループ、ifによる分岐
    2.6 [ステップ6]foreachとforによる反復実行
    2.7 まとめ
    第03章 Scalaプログラミングの次の一歩 Next Steps in Scala/3.1 [ステップ7]配列を型でパラメーター化する
    3.2 [ステップ8]リストを使う
    3.3 [ステップ9]タプルを使う
    3.4 [ステップ10]集合とマップを使う
    3.5 [ステップ11]関数型のスタイルを見分ける
    3.6 [ステップ12]ファイルから行を読み出す
    3.7 まとめ
    第04章 クラスとオブジェクト Classes and Objects/4.1 クラス、フィールド、メソッド
    4.2 セミコロン推論
    4.3 シングルトンオブジェクト
    4.4 Scalaアプリケーション
    4.5 Appトレイト
    4.6 まとめ
    第05章 基本型と演算子 Basic Types and Operations/5.1 基本型
    5.2 リテラル
    5.3 文字列補間
    5.4 演算子はメソッドである
    5.5 算術演算
    5.6 関係演算子と論理演算子
    5.7 ビット単位演算
    5.8 オブジェクトの等価性
    5.9 演算子の優先順位と結合性
    5.10 リッチラッパー
    5.11 まとめ
    第06章 関数型スタイルのオブジェクト Functional Objects/6.1 Rationalクラスの仕様
    6.2 Rationalの構築
    6.3 toStringメソッドのオーバーライド
    6.4 事前条件のチェック
    6.5 フィールドの追加
    6.6 自己参照/6.7 補助コンストラクター
    6.8 非公開フィールドとメソッド
    6.9 演算子の定義
    6.10 Scalaの識別子
    6.11 メソッドの多重定義
    6.12 暗黙の型変換
    6.13 [使用上の注意]演算子メソッドと暗黙の型変換/6.14 まとめ
    第07章 組み込みの制御構造 Built-in Control Structures/7.1 if式
    7.2 whileループ
    7.3 for式
    7.4 try式による例外処理
    7.5 match式
    7.6 breakとcontinueを使わずに済ませる
    7.7 変数のスコープ
    7.8 命令型スタイルのコードのリファクタリング
    7.9 まとめ
    第08章 関数とクロージャー Functions and Closures/8.1 メソッド
    8.2 ローカル関数
    8.3 一人前の存在としての関数
    8.4 関数リテラルの短縮形/8.5 プレースホルダー構文
    8.6 部分適用された関数
    8.7 クロージャー
    8.8 関数呼び出しの特殊な形態
    8.9 末尾再帰
    8.10 まとめ
    第09章 制御の抽象化 Control Abstraction/9.1 重複するコードの削減
    9.2 クライアントコードの単純化
    9.3 カリー化
    9.4 新しい制御構造を作る
    9.5 名前渡しパラメーター
    9.6 まとめ
    第10章 合成と継承 Composition and Inheritance/10.1 2Dレイアウトライブラリー
    10.2 抽象クラス
    10.3 パラメーターなしメソッドの定義
    10.4 クラスの拡張
    10.5 メソッドとフィールドのオーバーライド
    10.6 パラメーターフィールドの定義
    10.7 スーパークラスコンストラクターの呼び出し
    10.8 override修飾子の使い方
    10.9 多相性と動的束縛
    10.10 ファイナルメンバーの宣言
    10.11 合成か継承か
    10.12 above、beside、toStringの実装
    10.13 ファクトリーオブジェクトの定義
    10.14 高さを調整するheighten、幅を調整するwiden
    ほか