サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

目次

    編訳者まえがき(西田みどり)
    ◎時空を超えて共通性を持つ前世体験
    ◎イアン・スティーヴンソンは「勝五郎再生記聞」を読んで前世研究を始めた
    ◎日本には前世はあって当たり前という「空気」があった
    ◎「ニンニクをむきたい」――子どもが突然言った
    ◎私という存在は死後も続くのか
    ◎平田篤胤のスタンスは前世の持つ意味にフォーカス
    一、平田篤胤によるまえがき
    二、勝五郎が話し始めた(立入事負による記述)
    ◎「にいちゃんはこの家に生まれる前はどこの誰の子どもだったの?」
    ◎前世で死んだとき――白い髪のおじいさん
    ◎程窪村から生まれ変わった勝五郎を訪れた老人
    ◎前世の家に帰る
    三、篤胤、勝五郎に会う(篤胤の勝五郎への聞き取り)
    ◎勝五郎が篤胤宅へ遊びに来た
    ◎勝五郎の話した前世情報
    ・僧侶嫌い
    ・「白い髪の老人」とは、なにもの?
    ◎勝五郎はなぜ仏事・僧侶が嫌いなのか――父・源蔵の話
    ◎勝五郎は幽霊も化け物も怖がらない
    ◎父・源蔵の話した信仰についての考え
    ◎「白い髪の老人」に対する篤胤の見解
    ◎産土の神のはたらきについての体験談――源蔵の話
    ◎氷川大明神
    ◎和漢古今の書に散見される再生譚
    ◎十七歳で死んだ息子が、同じ家に生まれ変わる
    ◎死んだ体から抜け出した牛飼い
    ◎篤胤による解説
    ◎氏神に礼を尽くさなかったため火事に遭う(『古今著門集』)
    ◎稲荷の氏子が加茂神社での昇進を望んだが阻まれる
    ◎各人を担当している守り神がいる
    ◎「後の世も此の世も神にまかするや、おろかなる身の頼りなるらむ」(『新拾遺集』)
    ◎公顕僧正の祈り(『沙石集』)
    ◎仏教が外国の宗教であることを知らない
    【史料編】役人による文政六年(一八二三)の記録――多門伝八郎の報告書写し
    ◎文政六年四月十九日御書院番頭、佐藤美濃守殿への届書の写し
    ◎中根宇右衛門殿知行所(編集)
    ◎多門伝八郎殿知行所(編集)
    【参考資料一】 平田篤胤著『再生記聞』写本
    【参考資料二】宮崎成身編纂『 視聽草』写本