サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:定期購読キャンペーン(0810-31)

目次

    目 次
    序 残酷な建築のテーゼ

    第1章 焼野ケ原からの復興
    1 平和を生産する工場──広島平和記念公園
    2 首都の人口過密と経済発展の止揚──東京都庁舎
    3 地方自治と民主主義のプロトタイプ──香川県庁舎

    第2章 高度成長のシンボルをつくる──東京オリンピックと大阪万博
    1 情報化社会に向けて
    2 象徴の創造──国立屋内総合競技場
    3 成長の先にある未来像──大阪万博お祭り広場

    第3章 バブルと超高層ビル
    1 中東諸国へ
    2 アフリカへ
    3 シンガポール、ふたたび東京へ

    第4章 丹下とどう対峙するか──丹下シューレのたどった道
    1 国土・都市・建築──浅田孝と下河辺淳
    2 部分から全体への回路──大谷幸夫と槇文彦
    3 父殺しとポストモダン──磯崎新と黒川紀章
    4 言空一致による新しい建築の創造──神谷宏治と谷口吉生
    おわりに 丹下の投げかけたもの──戦後一〇〇年を視野に入れた建築をどう構想するか
    おもな引用文献
    参考文献