サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

12時 修正:20%OFFクーポン(0921-24)

目次

電子書籍

建築プレゼン15の流儀

建築プレゼン15の流儀

  • 守山 久子/ 日経アーキテクチュア
    1.「合意形成」への道筋
    隈 研吾:常識破りの議場配置を喚問乗り越え実現
    原田哲夫:本音の利害調整が複合超高層に結実
    SALHAUS:あえて2案ぶつけ対話の糸口つかむ
    東 利恵:簡易な図と動画で復興案件に迅速対応
    内藤 廣:形を捨て本質守る柔軟さで前進

    2.「納得感」を得る技
    西田 司:詳細な模型を事業の推進力に
    シーラカンスK&H:使われ方にこだわり「家具あり」で議論
    大谷弘明:文化論をベースに設計方針を堅持
    中村拓志:問題解決を起点に攻めの「練り直し」
    サポーズデザインオフィス:形が否定されても思考過程で共感得る

    3.「信頼獲得」の奥義
    伊東豊雄:緻密に検討してシンプルに伝える
    アラップ:発注者を納得させる簡潔な構造表現
    青木 茂:先回りの提案で事業者の不安を解消
    クライン ダイサム アーキテクツ:新しさの原動力は発注者との共有体験
    山梨知彦:仲間意識を育み建て主の冒険心引き出す