サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

目次

    ●本書の主な内容
    はじめに
    おもな登場人物
    義経北行伝説ルート

    第一章 義経と奥州藤原氏(岩手県編1)
    義経を平泉に誘った金売り吉次
    義経、奥州の覇者・秀衡に会う
    紫波の鐙越で馬術を磨く
    鎌倉幕府に追われ、再び平泉へ
    「月見の宴」での秀衡の遺言
    巧みな義経の替え玉作戦
    名門奥州藤原氏の滅亡
    column.1 平泉・義経ゆかりの地さんぽ
    第二章 懐深き奥州の山々へ(岩手県編2)
    義経の郎党は総勢十八名
    愛馬小黒号との別れ
    長者森の吉次舘を訪ねる
    静御前と四年ぶりの再会
    約束の地、横山八幡宮に集結
    義経を射ることをためらった畠山重忠
    常陸坊海尊との別れと八戸への船路
    第三章 安住の地を求めて本州最果ての地へ(青森県編)
    無事に八戸の地へ上陸
    八戸で平泉以来の平穏な生活
    幕府の追討を逃れ、さらに北へ
    坂上田村麻呂の足跡に想いを馳せる
    判断を誤った義経、郎党四名を失う
    いで湯で疲れを癒やした義経一行
    十三湊にて秀栄との再会
    さらば本州、夢多き蝦夷地へ
    第四章 蝦夷地で築かれた義経王国(北海道編)
    阿彌陀如来の助けを借りて松前へ
    箱舘で平和の喜びを満喫する
    松前から北上し、江差、積丹へ
    海の難所として知られていた神威岬
    ラルマナイ滝の砂金採り
    義経の試し切りの岩
    十勝を巡り、日高の平取へ
    「判官カムイ」と呼ばれ尊敬された義経
    column.2 平取・義経伝説の地さんぽ
    column.3 九郎判官義経、天寿を全うし、沙古丹に死す?
    源九郎判官義経の年譜