サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

目次

    目  次
       はしがき

     第1章 文科大臣通知で「標的」にされた経済学
       文部科学大臣通知の波紋/世界大学ランキング/日本の大学はなぜランキングが低いのか/人社系研究者の英語力向上が決め手/東アジア諸国の大学の躍進/猛威を振るう産業競争力会議/理系重視・文系軽視は日本の伝統/理工系万能の時代=1960年代/理工系出身者が幅を利かせる全体主義国家/STEMからSTEAMへ/技術進歩の座標軸の変遷/人社知を欠く日本のエンジニア/日本経団連による文科大臣通知への反論/濡れ衣を着せられた経団連/国立大学という組織体の特殊性/学内民主主義と学部自治/少子化のもとでの大学経営/国立大学の理系学部は一目を置かれる存在/法学は有用の学そのものだ/経営学部生には専門職の道がある/見えにくい国立大学経済学部の存在意義/経済と経済学への尽きせぬ関心/理論経済学者が啓発書を著す/人文学と絶縁し「数学の僕」と化した経済学
     第2章 戦後日本における経済学の栄枯盛衰
       アダム・スミスのテーゼ/マルクスの経済学=空想より科学へ/ 『共産党宣言』から『資本論』へ/ケインズ経済学の思想を語る『自由放任の終焉』/ 『雇用・利子および貨幣の一般理論』の衝撃/マルクス経済学の栄枯盛衰/日本人と肌が合うケインズ経済学/ジャーナル・アカデミズムの悦楽/新古典派経済学の基本理念/新古典派経済学を実践したサッチャー英元首相/なぜ自由放任が復権したのか/構造改革なくして経済成長なし/ 「科学者」気取りの日本の経済学者/今の経済学者は過去の経済学者と今の実務家の奴隷/国立大学の法人化は「ソビエト化」だった/リーマンショックが新古典派を痛撃/死んだはずのケインズが生き返った/アベノミクスの正体/国家資本主義的統制経済/経済学の社会・時代文脈依存性=本章のまとめ
     第3章 日本における経済学の歪んだ「制度化」
       4年間の滞米経験がもたらした「発見」/合理的な愚か者/経済学は米大学生の必須科目に近い/科学の制度化/異端の経済学者ガルブレイス/ジャーナル・アカデミズムからの撤退/アメリカ経済学界での「出世」の極意/メジャーリーグもどきの「引き抜き合戦」/経済学の職業化と有用性の公認/マルクス経済学は教科書化に馴染まない/ 「社会主義の崩壊」がマルクス経済学を色褪せさせた/査読付き専門誌の虚実/エコノミストの職業集団は日本に存在しない/経済学に大盤振る舞いされる研究費/外的ショックを捨象する経済予測の心許なさ/ 「ラプラスの悪魔」は経済学の世界を横行闊歩/審議会に欠かせぬ経済学者委員/危なそうで危なくない学者委員の選び方/経済学の「有用性」とは
     第4章 経済学を学ぶことの意味と意義
    ほか