サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

目次

    はじめに……もう、「あの人」に悩まされなくていい 1

    1章
    他人を傷つけていることに「気づかない」人たち
    ── その「関係性」は必ず変えることができる

    もっとも手ごわい「繊細さに欠けた人」に対して 
    その“やっかいな人”は、どのタイプか 
      1「想像力ゼロ」タイプ……思ったままを口に出しすぎ 
      2「ルーズ」タイプ……自分と他人の境界線があいまい  
      3「土足で失礼」タイプ……社交性をはき違えている  
      4「自己中」タイプ……とにかく自分が好きすぎる   
      5「不安を隠せない」タイプ………いつでも自分が正しい
      6「感情ダダ漏れ」タイプ……常に心理状態まる出し
      7「恥知らず」タイプ……とことん厚かましい 

    2章
    なぜ「やっかいな人」がここまで急増しているのか
    ── 「欲求不満」の心理の表われ方

    それは「子どものまま、大人になった人」である 
     ●「自分が見たい現実」だけを見ている
    誰もが備えているはずの“フィードバック機能”が壊れている人 
     ●子どもの頃から「許される環境」で育ってきた人たち
    「満たされない」から、無自覚にトゲを出してしまう心理 
     ●不安、焦り、恐怖があるから「他人の生き方」を否定する
     ●現代は「集団欲求不満」の時代 
    日本人は、「恥ずかしさ」を感じなくなり始めている 
     ●「帰属意識」が薄れてきた日本社会
    鈍感なフリをする「知能犯」にも要注意
     ●「わざと」あいまいな攻撃をしてくる人たち 
     

    3章
    自分をしっかり守り通す「七つの盾」 
    ── 言葉で・態度で・リアクションで……立場は逆転する!

    「守り」は“最大の攻撃”になりうる 
       (1)“クッション言葉”を置く
       (2)「リミット・セッティング」をする 
       (3)「急所」をチクリと刺す
       (4)「私」を主語にして、抗議する
       (5)“伝聞調”を巧みに使う 
       (6)「かわいそうな人」だと見下す 
       (7)こちらも「鈍感さ」ですり抜ける

    4章
    【実践】
    スルリと回避し、さりげなく撃退する方法

    めんどうな「あの人」にも、“賢い対応策”は必ずある 

    職場で
      (1)笑いながら暴言を吐く人に→一段上に立って、憐れみの態度を!
      (2)致命的に気がきかない人に→「みんな見ているよ」と知らしめる 
      (3)万事に「ガサツすぎる」人に→“伝聞スタイル”で通告
      (4)言うことがコロコロ変わる人に→「めんどうなやつだな」と思わせる 
      (5)巧妙に「サボる」人に→「私はわかっているぞ」とアピール
      (6)責任をとりたがらない人に→「あなたの損になりますよ……」作戦 
      (7)話が長すぎる人に→たとえば、「あ、もう、お尻が詰まっているんです」
      (8)やかましいほど「ゴシップ好き」な人に→この“リアクション”で肩すかし 
      (9)下ネタを連発する人に→相手の「プライド」に、言い返す!
      (10)謝るだけで、まるで改善しない人に→「実質的な損」を与える 
      (11)息を吐くように「嘘をつく」人に→次は許さない、と釘を刺す 

    友人・微妙な関係で
      (12)いつも遅刻してくる人に→「時は金なり」と、キッパリ! 
      (13)うっとうしい「意識高い系」の人に→「褒め殺し」でいじり倒す 
    ほか