サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

目次

電子書籍

中原中也詩集(岩波文庫)

中原中也詩集

  • 大岡昇平編
    目  次

     山 羊 の 歌

     初期詩篇
       春の日の夕暮
       月
       サーカス
       春の夜
       朝の歌
       臨 終
       都会の夏の夜
       秋の一日
       黄 昏
       深夜の思ひ
       冬の雨の夜
       帰 郷
       凄じき黄昏
       逝く夏の歌
       悲しき朝
       夏の日の歌
       夕 照
       港市の秋
       ためいき
       春の思ひ出
       秋の夜空
       宿 酔

     少年時
       少年時
       盲目の秋
       わが喫煙
       妹 よ
       寒い夜の自我像
       木 蔭
       失せし希望
       夏
       心 象

     みちこ
       みちこ
       汚れつちまつた悲しみに
       無 題
       更くる夜
       つみびとの歌

     秋
       秋
       修羅街輓歌
       雪の宵
       生ひ立ちの歌
       時こそ今は

     羊の歌
       羊の歌
       憔 悴
       いのちの声

     在りし日の歌

     在りし日の歌
       含 羞
       むなしさ
       夜更の雨
       早春の風
       月
       青い瞳
       三歳の記憶
       六月の雨
       雨の日
       春
       春の日の歌
       夏の夜
       幼獣の歌
       この小児
       冬の日の記憶
       秋の日
       冷たい夜
       冬の明け方
       老いたる者をして
       湖 上
       冬の夜
       秋の消息
       骨
       秋日狂乱
       朝鮮女
       夏の夜に覚めてみた夢
       春と赤ン坊
       雲 雀
       初夏の夜
       北の海
       頑是ない歌
       閑 寂
       お道化うた
       思ひ出
       残 暑
       除夜の鐘
       雪の賦
       わが半生
       独身者
       春宵感懐
       曇 天
       蜻蛉に寄す

     永訣の秋
       ゆきてかへらぬ
       一つのメルヘン
       幻 影
       あばずれ女の亭主が歌つた
       言葉なき歌
       月夜の浜辺
       また来ん春
       月の光 その一
       月の光 その二
       村の時計
       或る男の肖像
       冬の長門峡
       米 子
       正 午
       春日狂想
       蛙 声
       後 記

     末 黒 野

     温泉集

     未 刊 詩 篇

     初期短歌

     未刊詩篇
       古代土器の印象
       冬と孤独と
       秋の愁嘆
       地極の天使
       屠殺所
       聖浄白眼
       幼なかりし日
       間奏曲
       寒い夜の自我像(2・3)
       冷酷の歌
       夏は青い空に
       暗い天候(二・三)
       いちじくの葉(いちじくの、葉が夕空にくろぐろと)
        (そのうすいくちびると)
       夜空と酒場
       風 雨
        (吹く風を心の友と)
       疲れやつれた美しい顔
       死別の翌日
        (南無 ダダ)
       修羅街挽歌 其の二
       早春散歩
       蝉
       夏(なんの楽しみもないのみならず)
       童 謡
       いちじくの葉(夏の午前よ、いちじくの葉よ)
       或る夜の幻想(1・3)
       狂気の手紙
       咏嘆調
       昏 睡
       秋岸清涼居士
       別 離
       誘蛾燈詠歌
        (なんにも書かなかつたら)
       坊 や
       僕が知る
       月夜とポプラ
       落 日
       吾子よ吾子
       はるかぜ
       桑名の駅
       竜 巻
       山上のひととき
       詩人は辛い
       砂 漠
       漂々と口笛吹いて
       材 木
       一夜分の歴史
    ほか