サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:定期購読キャンペーン(0810-31)

目次

    まえがき
    第1章 帰納的展開で書く
    [I]帰納的展開の考え方
     1.帰納的展開とはたくさんのデータを基にひとつの法則を見つけだし仮説を立てること
     2.夏目漱石の「草枕」
     3.ノーベル賞とセレンディピティー
     4.帰納的飛躍
    [II]帰納的展開が使われている文章
     1.研究者も帰納的展開を使っている
     2.帰納的展開で仮説が立てられるのは常識の範囲内の意見
     3.170回行った実験のうち58回で仮説が論証されたらOK?
     4.「帰納法は便利な論証法である」を帰納的展開で書く
     5.演習:帰納的展開で書く
    第2章 演繹的展開で書く
    [I]演繹的展開の考え方
     1.演繹的展開は最初に仮説(意見)がある
     2.短文で学ぶ演繹的展開
    [II]演繹的展開を活用した接続語連結
     1.演繹的展開は接続語で表現できる
     2.接続語はしつけ糸
     3.演習:演繹的展開で書く
     4.帰納的展開と演繹的展開を合体して書く
    第3章 弁証法的展開で書く
    [I]弁証法的展開の考え方
     1.弁証法的展開とは矛盾を取り込んで総合すること
     2.「カイゼン(改善)」の基礎には弁証法的思考がある
     3.現在シェアが拡大している電子書籍も弁証法的思考から生まれた
     4.弁証法的展開で書かれたパトリック・ハーラン氏の論説文
    [II]弁証法的展開を活用した接続語連結
     1.弁証法的展開は接続語で表現できる
     2.演習:弁証法的展開で書く(1)
     3.演習:弁証法的展開で書く(2)
    第4章 パラグラフライティングで書く論理的文章
    [I]パラグラフライティングの考え方
     1.文章の構造
     2.文と文は互いに助け合って成立する
     3.文と文の強固な関係がパラグラフの要件
     4.パラグラフライティングで書かれた文章はわかりやすい
    [II]〈パラグラフ+パラグラフ+パラグラフ〉で文章作成
     1.一つ目のパラグラフを書く
     2.二つ目のパラグラフを書く
     3.三つ目のパラグラフを書く
     4.〈パラグラフ+パラグラフ+パラグラフ〉で完成した文章
    第5章 〈序論・本論・結論〉で組み立てる論理的な文章
    [I]〈序論・本論・結論〉の図式
    [II]序論の書き方
     1.序論の仕事は読み手を引き付けること
     2.序論に必要な項目
     3.五つの項目を満たした序論の完成型
     4.序論を図式する
    [III]本論の書き方
     1.本論は〈序論で出した問い〉に論拠を示して答える場
     2.本論は〈客観的事実〉と〈自分の意見〉で構成する
     3.〈客観的事実〉とは何か
     4.文章表現における〈事実〉と〈意見〉
     5.〈客観的事実〉と〈意見〉で構成した本論の完成型
     6.本論を〈事実〉と〈意見〉に分けると……
     7.本論部分の図式
    [IV]結論の書き方
     1.結論には、序論で立てた問いの答えがくる
     2.問いの答えが書かれた結論
    [V]アウトラインを書く
     1.アウトラインは文章全体の設計図
     2.例文のアウトライン
     3.書きあがった本文全体
    [VI]資料――序論・本論・結論の図式、アウトライン、本文例
     1.三つの例文から作業工程を確認しよう
     2.「若者の科学離れはどうすれば防げるか」
     3.「お金で『買えるもの』と『買えないもの』から考察する現代社会」
     4.「環境問題と食糧問題解決のための一つの試み、ベジーマンデーについての考察」
    〈参考編1 〉引用法を使う
    [I]引用の役割
    ほか