サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

20%OFFクーポン(1019-21)

目次

電子書籍

GRAPHIC DESIGN THEORY

GRAPHIC DESIGN THEORY

  • ヘレン・アームストロング/ 小川浩一
    作品から見る理論:
     SECTION 1
     SECTION 2
     SECTION 3

    日本語版序文:「デザイナー」であるために|ばるぼら
    序文:なぜ理論なのか?|エレン・ラプトン
    イントロダクション:アヴァンギャルド再考
    年表

    ● SECTION 1:領域を切り開く
    未来派宣言|F・T・マリネッティ(1909年)
    我々は何者か:構成主義者グループの宣言|
     アレクサンドル・ロトチェンコ、ワルワーラ・ステパーノワ、
     アレクセイ・ガン(1922年頃)
    私たちの本|エル・リシツキー(1926年)
    タイポフォト|ラースロー・モホリ=ナジ(1925年)
    新しいタイポグラフィ|ヤン・チヒョルト(1928年)
    クリスタルゴブレット:あるいは印刷が目に見えないものであるべき理由|ベアトリス・ウォード(1930年)
    タイポグラフィについて|ヘルベルト・バイヤー(1967年)

    ● SECTION 2:築かれた成功の上で

    デザイニング・プログラム|カール・ゲルストナー(1964年)
    グリッドとデザイン哲学|
     ヨーゼフ・ミューラー=ブロックマン(1981年)
    良いデザインは信用である|ポール・ランド(1987年)
    ラスベガスから学ぶこと:建築の形態における忘れられた象徴主義|
     ロバート・ヴェンチューリ、デニス・スコット・ブラウン、
     スティーヴン・アイゼナワー(1972年)
    我がタイポグラフィへの道|ウォルフガング・ワインガルト(2000年)
    言説としてのタイポグラフィ|
     キャサリン・マッコイ、デヴィッド・フレイ(1998年)
    抵抗としての工芸|ロレイン・ワイルド(1998年)
    階段中程の暗闇|ポーラ・シェア(1989年)

    ● SECTION 3:未来を描く

    アンダーグラウンドなメインストリーム|
     スティーヴン・ヘラー(2008年)
    デザインと再帰性|ヤン・ファン・トールン(1994年)
    デザイン・アナーキー|カレ・ラースン(2006年)
    作者としてのデザイナー|マイケル・ロック(1996年)
    自分の墓をデザインする|ドミトリ・シーゲル(2006年)
    画面空間の脱物質化|ジェシカ・ヘルファンド(2001年)
    デザインのデザイン|原研哉(2007年)
    IMPORT / EXPORT:デザインのワークフローと現代美学|
     レフ・マノヴィッチ(2008年)
    普遍的世界の逆襲|エレン&ジュリア・ラプトン(2007年)