サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

幻冬舎 電本フェス(~2/22)

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

目次

    1章 アマゾンが引き起こした激変
    1-1 通販の常識を変えたアマゾン
     インターネットによって変化した通販
     配達のスピードが変わった
     日本の小売業の問題
     アマゾンの桁外れの投資
     アマゾンの本当の凄さとは
    1-2 アマゾンと日本の物流
     ヤマト・佐川・日本郵便にみる日本の物流
     取引先に競争させるのがアマゾンの戦略
     アマゾンとの関わりによって物流業界に何が起きたか
     今後のアマゾンと物流の関わりは
    2章 アマゾンの物流戦略
    2-1 唯一の顧客との接点を大切にする
     アマゾンはなぜ物流にこだわるのか
     物流戦略を効果的に働かせるアマゾンの組織体系
     アマゾンの商品はどのくらい速く届くのか
    2-2 上流から下流までつながっていることが命
     販売と物流が一体
     物流への大きな投資
     製造業並のサプライチェーン管理
     自前でシステム開発を行う強み
     製造業並の納期遵守意識
     断じてサービスレベルは落とさないのがアマゾン流
    2-3 アマゾンの購買管理
     アマゾン独自の需要予測システム
    2-4 アマゾンの注文管理
     フルフィルメントパスの最適化
    2-5 アマゾンの在庫管理
     在庫管理の重要性
     財務諸表で見る在庫の位置づけ
     需要予測・EDIと連動したアマゾンの在庫管理
    2-5 アマゾンの倉庫運営
     倉庫では一体何が行われているのか
     DC(保管型倉庫)における倉庫運営の流れ
     徹底した数値管理
     アマゾンで働くロボット
     早くから導入されていたWMS
     フリーロケーションで多品種小ロットに対応
    2-6 品質にまでとことんこだわる
     品質基準を上げるための施策
     トヨタ式のカイゼン・アンドンを導入
    コラム:アマゾンの物流の歴史
     アマゾンもやはりガレージから始まった
     ウォルマートから人材を引き抜き
     アマゾンの物流を変えた人物
    3章 アマゾン物流をささえるロジカル経営
    3-1 顧客最優先・長期視点
     ただのキャッチフレーズではない「お客様のために」
     長期視点での投資とビジネス展開
    3-2 プラットフォームとしてのアマゾン
     他社の商品を販売させるマーケットプレイス
     シングル・ディテイル・ページで差別化
     FBAで高いサービスレベルの物流代行を提供
    3-3 アマゾン式経営の3つの柱
    3-4 アマゾンのKPI
     KPIを本気でレビューする週次経営会議
     ファイナンスチームの強さも特徴の一つ
     年2回の予算作成は戦い
     パワーポイントではなく全て文章で
    3-5 アマゾンのオペレーション
     不明点はまず社内のナレッジベースにあたる
     課題管理票で日々行われる業務改善
     ITの仕組みをオペレーションに応用
    3-6 アマゾンのシステム
     自社開発とアジャイルによるスピーディーな対応
    3-7 アマゾンの人材戦略
     一流の人が吸い寄せられる会社
     変わり続けられる人しか働けない
     高い人材のレベルを維持する仕組み
    コラム:アマゾン流(?)英語習得術
    4章 知れば知るほど真似のできないアマゾンの物流
    4-1 日本においての物流課題
     日本企業においてアマゾンに匹敵する物流システムが作れない理由
     カタログ通販用倉庫をeコマース用に転用しようとした部品メーカー
     TC倉庫を通販用在庫の保管に使おうとしたアパレル企業
     日本企業が物流を変えられないもう一つの大きな理由
    ほか