サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

目次

    はじめに――あなたがもっと自由に生きるための「考え方」のヒント 

    第1講
    「あらゆる枠組みは、“必ず”変化する」
     ――あなたのまわりの「見えない殻」の破り方

    ◆自分の枠を自分で狭めていないか?
    ◆その常識だって、すぐに古くなる
    ◆法律は必ずしも正しくない
    ◆親や家族は、そんなに重要なのか?
    ◆親と子をリアルにつなぐもの
    ◆安全な国にいる危うさ
    ◆日本はあなたの想像以上に恵まれている
    ◆過渡期だからこそ矛盾がある
    ◆その気持ちは「愛」なのか、「エゴ」なのか?
    ◆親から精神的に自立するとき
    ◆見返りを求めて親を大切にする人々
    ◆「ゴキブリと自分の違うところを言ってみろ」
    ◆一日のうちでどれだけ「人間として」生きている?
    ◆「自分の頭で考えている人」は非常に少ない
    ◆アイデアノートをつくろう
    ◆ハムスターみたいな人生で満足できるか?
    ◆「芯」があれば人生はシンプルになる
    ◆「問い続ける価値」のある問題を探そう
    ◆僕はこうやって芯を見つけてきた


    第2講
    「夢は“数え切れないくらい”持て」
     ――来るべき未来に合わせて、人生を設計する

    ◆その夢が、将来を制限していないか?
    ◆多くの人は「半分、人間を辞めている」
    ◆「医師」よりも「教師」が求められる時代に
    ◆「エリートとされる職業」はこう変わる
    ◆勉強こそが楽しくなる時代
    ◆「役に立つ人」と「役に立たない人」の差
    ◆「機械のように働く人」はもはや通用しない
    ◆「競争」だけが人生ではない
    ◆未来を知っているのは「技術者」である
    ◆「命の価値」をどう考えるか


    第3講
    「思考停止の大人になってはいけない」
    ――「考える力」を身につけるために、知っておきたいこと

    ◆「人の気持ちを考えなさい」のウソ
    ◆消えゆく「大人の特権」
    ◆こんな“大人の忠告“を聞いてはいけない
    ◆「子どもの頃の疑問」を大事にする
    ◆人は説明なしに使えるものを求める
    ◆「しゃべる家電」と「しゃべらない家電」
    ◆僕が自分のアンドロイドをつくった理由
    ◆「カレーが食べたい」という気持ちに潜む多くの謎
    ◆「ちょっとした違和感」が発明・発見の入り口
    ◆自分の「ひらめき回路」とは
    ◆僕の「情報の収集方法」
    ◆芸術が迫る「人間の基本問題」


    第4講
    「自分のことは“他人“のほうがよく知っている」
     ――頭の中で勝手に“限界”をつくるな

    ◆「アイデンティティ」について考える
    ◆人生の「ピーク」をたくさんつくれ
    ◆その「こだわり」で生き方を不自由にしていないか?
    ◆あなたはなぜ毎日違う服を着るのか?
    ◆はやりの「人格分類ワード」には要注意
    ◆人は「想像する」から生きていける
    ◆他人とは「自分を映す鏡」である
    ◆人間とは「技術を使う動物」である
    ◆僕たちと機械はどんどん融合していく
    ◆人工知能の進歩はもはや止められない
    ◆この地球で人間が生まれた意味とは?
    ◆「自分の内側」は自分には見えない


    第5講
    「あなたにもある“好き嫌い”を深く考えてみる」
     ――自分を“進化”させる簡単な方法

    ◆嫌いな人ほど好きになれる
    ◆「自分の枠」を広げてくれる人
    ◆怒りが湧き上がる「本当の理由」とは?
    ◆僕の「怒りの使い方」
    ◆これだけで「嫌いなもの」が激減する
    ◆「運命の相手」の見つけ方
    ◆必ずしも友達は必要ではない
    ほか