サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

hontoレビュー

電子書籍

四季 冬 Black Winter(講談社文庫)

四季 冬 Black Winter みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー131件

みんなの評価3.9

評価内訳

131 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

美しいの一言

2016/03/28 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Bernkastel - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品のすごいところは、場所、時代がほぼわからないまま様々な場面が書かれているところです。ネタバレになりますが、S&Mシリーズ第1作目「すべてがFになる」と、第10作目「有限と微小のパン」の一場面を真賀田四季目線で書かれている場面もあります。これらはおそらく、時間とも空間とも乖離している彼女が語り部だからでしょう。今までの四季シリーズより、読んでいて「これこそ真賀田四季だな」と思わせられました。前作の「四季 春〜秋」でS&MシリーズとVシリーズを集約し、繋げたあと、「四季 冬」では新たに百年シリーズやその他の話へ世界を広げています。ですので、森博嗣のシリーズの深さをもっと味わいたい方や他のシリーズに興味がある方にぜひおすすめしたい作品です。ただ、この作品単体、或いは四季シリーズから森博嗣の作品に入ろうという方にはあまりおすすめできません。なぜなら、その読み方では勿体無いからです。ぜひS&M、Vシリーズを読んでから読むことをおすすめします。その方がこの作品をもっとよく味わえるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真賀田四季の世界

2015/08/25 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

4冊のシリーズの最後「四季 冬」では、四季の人間としての感情を読み取ることができ、「すべてがFになる」や「有限と微小のパン」を読んだ時の真賀田四季のイメージが覆る1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/19 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/24 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/09 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/05 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/27 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/06 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/20 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/04 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/17 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/19 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

131 件中 1 件~ 15 件を表示